「全日本人味噌汁椀輪島塗化計画」ブログ

輪島塗のお盆をお茶などを運ぶときだけでなく、普段の食卓でいろいろと自由に使うことで、食事の時間が華やかで贅沢なひとときにグレードアップします。軽くて丈夫、使い込むほどにツヤの増す輪島塗のお盆は、日々の生活で使うことで、価格以上の価値を実感できる品です。

輪島塗の歴史をひも解くと、現存する最古の輪島塗は室町時代のものといわれています。当時は地元の人々の日用品として作られており、全国へ販売するようになったのは江戸時代後期。京都など名高い漆器産地と比べると後発でした。今では漆器として全国初の国の重要無形文化財の指定を受け、生産高日本一を誇るまでに成長した輪島塗。躍進の歴史と理由を探ります。

輪島塗を使う体験を通じて、輪島塗の良さや魅力を知っていただきたい! 実用品にルーツをもつ輪島塗の、使い勝手の良さや機能的な美しさを実際に体験していただける機会を作りたい! そう考えている田谷漆器店10代目・田谷昂大の取り組みについてご紹介します。

輪島塗の故郷、輪島市のある石川県。その県庁所在地・金沢と輪島塗の関係、そして金沢で出会える輪島塗についてご紹介します。江戸時代「加賀百万石」といわれた加賀藩の城下町だった金沢では、藩の文化政策により伝統工芸品や文化芸術が発展。輪島塗もその一つといえます。

いい日本酒を飲むときに輪島塗の酒器がオススメです。「いいお酒を、いい酒器で飲みたい」という方からお問い合わせいただくことが増えてきました。輪島塗の酒器は⽇本酒の味をさらに深みのあるものに変えてくれます。今回は輪島塗の酒器の魅力についてご紹介します。

新入学や就職など、新生活を機にお弁当箱を探している方にオススメしたいのが輪島塗の弁当箱です。通勤、通学や遠足などで生じる温度や湿度変化も上手くコントロールし、強度も抜群、おまけに漆の抗菌作用もあって、弁当箱に輪島塗を選ぶメリットはたくさんあるのです。

結婚祝いのプレゼントに頭を悩ませている多くの方へ、自信をもってオススメしたいのが輪島塗の夫婦箸。「結婚祝いになぜ、お箸なの?」と疑問に思われる方のために、輪島塗のお箸の魅力や、結婚祝いに輪島塗の夫婦箸が選ばれるポイントについてお話しします。

輪島塗は124もの製造工程があり、その工程ごとに専門の職人がいる「分業制」で作られるのが特徴です。今回は職人たちの仕事ぶりについてご紹介します。高度な技術をもつ職人たちが、手仕事でゆっくり丁寧に作ることで、丈夫さと美しさを兼ね備えた輪島塗が生み出されます。

輪島塗の特徴を歴史、製作工程、技法の面からご説明します。和食器のなかでも、木地に漆を塗り重ねて作られる漆器(しっき)の代表格とされる輪島塗ですが、技法が確立されたのは江戸時代。都から遠く離れた能登半島で、しかもほかの漆器産地より遅いスタートでした。

輪島塗はハレの日に使われる、価格の高い器とイメージされがちですが、おうち時間のウェイトが高まる今、毎日使う食器にも快適さと豊かさを求めて、普段使いの輪島塗を買い求める方が増えています。では、輪島塗をはじめて手に入れるなら、どんな食器を選べば良いでしょうか。

特選ストア | 田谷漆器店
輪島塗
特選ストア
Special Store

輪島塗専門の田谷漆器店のサイトにお越しいただきありがとうございます。
弊社商品の中からよりすぐりのものを販売する特選ストアをご用意しました。
自信をもっておすすめできる品々ばかりです。どうぞお楽しみください。

暮らしの定番「日常使いの輪島塗」ご奉仕価格商品

商品は送料無料・5年間無料メンテンナンス(特選ストア商品限定!)