「全日本人味噌汁椀輪島塗化計画」ブログ

輪島塗は124もの製造工程があり、その工程ごとに専門の職人がいる「分業制」で作られるのが特徴です。今回は職人たちの仕事ぶりについてご紹介します。高度な技術をもつ職人たちが、手仕事でゆっくり丁寧に作ることで、丈夫さと美しさを兼ね備えた輪島塗が生み出されます。

輪島塗の特徴を歴史、製作工程、技法の面からご説明します。和食器のなかでも、木地に漆を塗り重ねて作られる漆器(しっき)の代表格とされる輪島塗ですが、技法が確立されたのは江戸時代。都から遠く離れた能登半島で、しかもほかの漆器産地より遅いスタートでした。

輪島塗はハレの日に使われる、価格の高い器とイメージされがちですが、おうち時間のウェイトが高まる今、毎日使う食器にも快適さと豊かさを求めて、普段使いの輪島塗を買い求める方が増えています。では、輪島塗をはじめて手に入れるなら、どんな食器を選べば良いでしょうか。

特選ストア | 田谷漆器店
輪島塗
特選ストア
Special Store

輪島塗専門の田谷漆器店のサイトにお越しいただきありがとうございます。
弊社商品の中からよりすぐりのものを販売する特選ストアをご用意しました。
自信をもっておすすめできる品々ばかりです。どうぞお楽しみください。

暮らしの定番「日常使いの輪島塗」ご奉仕価格商品

商品は送料無料・5年間無料メンテンナンス(特選ストア商品限定!)