輪島塗の魅力と取り扱い方/輪島塗の歴史/輪島塗ができるまで

輪島塗の魅力と取り扱い方

永遠に古びない、
温もりと実用性を備えた
「暮らしの器」

冬場の降水量で東京の約5倍、日照時間では東京の3分の1以下を記録する輪島市は、雨天時には絵師・長谷川等伯の『松林図屏風』に描かれる、灰色と黒の滲む世界へ変わります。中世へタイム・スリップしたかのような風景を今も残すこの土地で、職人たちは江戸時代から、輪島塗の品質を追求してきました。ものづくりにおいて妥協を許さず、より高みを目指した彼らの想いは、今日まで続く輪島塗の、伝統と品質への取り組みに受け継がれています。

輪島塗の歴史 輪島塗ができるまで

品質を守りつづけるために、私たちがしていること

輪島塗の特徴は、高度に専門化した職人の分業制にあります。
木地師(きじし)は木地を作り、塗師(ぬりし)は漆を塗るなど、専門に特化した職人たちの行う工程は124にのぼります。全国でも他に類を見ない細分化された製造工程は、丈夫さと美しさを徹底的に追求した職人たちが、技を究める過程で生み出したと考えられています。
天明年間、1780年代には「大黒講」が組織され、輪島塗の製造工程の規定や、価格の協定、違反者への罰則などを定めるなど、高い品質を維持する取り組みがなされたことがわかっています。

輪島塗の「堅牢優美」を陰で支えた、先人たちの品質向上への取り組みにならい、輪島漆器商工業協同組合は、輪島塗の製造工程ガイドラインを定め、輪島塗の価値向上に取り組んできました。この規定により、木と天然漆、地の粉(珪藻土)を使い、伝統的な工程を遵守して作られた製品だけが、輪島塗と認定されています。

品質を守りつづけるために、私たちがしていること

田谷漆器店が
特に大切にしているのは、ゆっくり作ること

市場に出回る漆器のなかには、表面の塗装のみに天然の漆を塗り、その他は合成樹脂などを用いた製品もあります。漆といっても合成漆を使用したものもあります。
デパート・小売店などお店によって材質の表示スタイルも異なりますので、消費者にとって紛らわしいのが現状です。

輪島塗はヒバやアテ(ヒノキ・アスナロ)など天然木に天然漆を用いた漆器作りを貫き、お客さまへ安心・安全な製品をお届けするよう努めています。
さらに当社では各段階の工程を忠実に踏まえたうえで、全ての工程において、特にゆっくりと時間をかけたものづくりを行っています。

ゆっくり作る理由のひとつは、製品を急いで乾燥させた場合に起きる漆の匂いの残留や、ウルシかぶれを未然に防ぎ、お客さまに気持ち良く輪島塗をお使いいただくため。
もうひとつは、完成後も固まりつづける漆のために、急いで仕上げて脆弱な器とならないように、漆器を寝かせる時間を考慮しているためです。

昔ながらの手仕事で、職人たちが漆と対話をしながら「ゆっくり作る」。
この工程を繰り返して輪島塗は、しなやかな強さと温もりのある美しさを備えた器となります。

実用の器を原点とする輪島塗は、日常の生活での普段使いでこそ、その真価を発揮します。
触れてみればわかる、自然素材ならではの五感を癒す心地良さを、日々の暮らしのなかで、多くの方々に体験していただけたら幸いです。

田谷漆器店が特に大切にしているのは、ゆっくり作ること

輪島塗の取り扱い方法Q&A

もっと気楽に。
輪島塗のある暮らし

毎日の暮らしに輪島塗を取り入れたいけど、お手入れが大変そう。
「漆器=取り扱いの面倒な食器」のイメージがありますが、いくつかの基本さえ守れば、取り扱いは難しくありません。ここでは、輪島塗のお手入れにまつわる疑問についてお答えします。

Q1:輪島塗の食器を洗うときに、気をつける点はありますか?
漆器だからと、特別扱いする必要はありません。陶器の茶碗やガラスのコップと同じように、水で薄めた洗剤をスポンジにつけて手洗いします。軽い汚れなら、水洗いでもとれます。
ただし、洗うときには漆の塗膜に傷がつかないように、金属たわしや研磨材入りの洗剤などのご使用はお控えください。
先の尖ったフォークや、ガラスなど角張った堅い材質の食器と一緒に洗うと、表面に傷のつく場合もあります。洗い物をする際には、それらの食器とは別に洗うことをお勧めします。

Q2:食器洗浄機でも洗えますか?
食器洗浄の工程のみであれば問題ありませんが、乾燥の工程では、熱風での高温乾燥が木地と漆にダメージをあたえます。すぐにひび割れるなどの目立った損傷は現れなくても、表面が白っぽくなるなど塗膜の劣化するスピードが早まりますので、できるだけご使用はお控えください。

Q3:電子レンジの使用は可能ですか?
漆器を電子レンジにかけると、木の膨張により器に亀裂が生じます。危険を伴いますので、ご使用はお控えください。

Q4:料理をいれた輪島塗の食器を、冷蔵庫で保存(保管)することはできますか?
木と天然の漆のみで作られている輪島塗は、乾燥した場所に長期間置くと亀裂の生じる場合があります。冷蔵庫で食材を長時間保存(保管)する場合には、別の材質の食器に移し替えることをお勧めします。
お料理を盛り付けた輪島塗のお皿を冷蔵庫に入れて冷やすなどの短時間の保存(数十分から半日程度)については、差し支えありません。
ただし、いずれにせよ冷蔵庫に入れると乾燥は免れないので、輪島塗のメンテナンス(塗り替え)の時期が早まることを予めご了承ください。

Q5:熱湯を入れても大丈夫ですか?
お味噌汁や沸かしたてのお茶程度でしたら問題ありませんが、ぐらぐらと沸き立った熱湯を長時間入れると塗膜の劣化につながりますので、お控えください。

Q6:使い終わった輪島塗の食器を、しばらく洗わずに水に漬けておいても痛みませんか?
ひび割れなどのない器でしたら、特に問題ありません(損傷があると、破損した箇所から水分が入り、塗膜が剥がれやすくなります)。夕食後、水に漬けて置いた食器を翌朝洗うなど、時間をあけて洗っていただくことも可能です。

Q7:洗い終わった輪島塗の食器は、布で拭くのでしょうか。自然乾燥では駄目ですか?
洗い終わりには、食器の表面に残った水分を、布巾などで拭きあげていただくと、輪島塗の美しい艶と光沢が増します。自然乾燥もできます。

Q8:輪島塗の保管(しまい場所)について教えてください。
普段使いのものは、陶磁器などと一緒に食器棚に収納くださって問題ありません。長期間使用しないものは、乾燥しやすい高い棚の上などを避けて、低い場所で保管していただけると良い状態を保てます。

Q9:輪島塗の食器を重ねて収納できますか?
輪島塗の食器は、重ねて収納できますが、金属など固い材質の食器と重ねると、傷のつく恐れがあります。同じ漆器同士を重ねて収納ください。

「使う、洗う、拭く」の繰り返しが、一番のメンテナンス

漆器は乾燥に弱く、定期的に水分を補うことで美しい艶と光沢を保ちます。普段の暮らしで「使う、洗う、拭く」の行為を繰り返して行っていただければ、それが水分補給となります。気兼ねなくお使いいただくことが、一番のメンテナンスです。

輪島塗の歴史 輪島塗ができるまで
輪島塗の取り扱い方法Q&A

           特選ストア
特選ストア Special Store

田谷漆器店のサイトにお越しいただきありがとうございます。
サイトリニューアルを記念して、弊社商品の中からよりすぐりのものを販売する特選ストアをご用意しました。
自信をもっておすすめできる品々ばかりです。どうぞお楽しみください。

商品は送料無料・5年間無料メンテンナンス(特選ストア商品限定!)