メディア掲載実績

本日5月19日(木)の「読売新聞」朝刊全国版にて、田谷漆器店がプロデュースする石川の伝統工芸と食の店 CRAFEATが紹介されました。 輪島塗をはじめとした石川の伝統工芸を実際に使っていただく場として、そして県内の旬の食材を味わっていただく場として、CRAFEATをオープンさせたいきさつなどが紹介されています。

デジタルとは程遠いと思われがちな伝統工芸の世界ですが、田谷漆器店は、手仕事の大切さを維持しつつ在庫管理などではデジタルを積極的に活用したほうがいいと考えています。 このたび「デジタルわかる化研究所」のそのあたりを取材していただきました。 ちなみに、記事の中では「全日本人 輪島塗化計画」と紹介されていますが、私(田谷昂大)の想いを正確に表現すると「全日本人 味噌汁椀 輪島塗化計画」です。 日本人なら誰しも漆器で飲むお味噌汁の美味しさを知っているはず。その味噌汁椀にこそ、輪島塗を使っていただきたいと思っています。 https://digiwaka.jp/column/987

田谷漆器店の新たな試み、蒔絵の技を使い漆絵を施したワイングラスが北陸中日新聞で紹介されました。こちらのグラスは田谷漆器店がプロデュースする飲食店「CRAFEAT」(クラフィート)にて実際にご使用いただけます。またお店ではこのワイングラスをご購入いただくこともできます。

北陸中日新聞金沢版の3回連載記事「味な挑戦 コロナ下の飲食店」の1回目で、田谷漆器店プロデュースの飲食店「CRAFEAT」が取り上げられました。長引くコロナ禍の中でも新たな挑戦を続ける金沢市内の飲食店のひとつとして、開店の背景やコンセプト、取り組みなどを丁寧に取材していただきました。

今年7月、金沢木倉町にオープンした和食店「CRAFEAT(クラフィート)」が、東京新聞の「こちら特報部」で紹介されました。「CRAFEAT」は、田谷漆器店10代目・田谷昂大が多くの人に伝統工芸品を体験してほしいとの思いで始めたまったく新しいタイプの和食店です。輪島塗など最高級の伝統工芸品と石川県ならではの食材のコラボレートが楽しめます。金沢にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

田谷漆器店プロデュースの飲食店「CRAFEAT(クラフィート)」が日経新聞で紹介されました。 記事ではCRAFEATの紹介はもちろん、輪島塗の現状についても触れられています。 輪島塗を盛り上げていきたいという当社のチャレンジを、少しでも多くの方に知っていただけたらと思います。

田谷漆器店初の飲食店「CRAFEAT(クラフィート)」のオープンに先駆けて、北陸中日新聞にてご紹介いただきました。 「CRAFEAT(クラフィート)」な、「craft(伝統工芸品)」と「eat(食)」を掛け合わせた造語です。 石川県の伝統工芸品を器などに使い、石川県産の食材や酒を楽しむことができる和食料理店です。

特選ストア | 田谷漆器店
輪島塗
特選ストア
Special Store

輪島塗専門の田谷漆器店のサイトにお越しいただきありがとうございます。
弊社商品の中からよりすぐりのものを販売する特選ストアをご用意しました。
自信をもっておすすめできる品々ばかりです。どうぞお楽しみください。

暮らしの定番「日常使いの輪島塗」ご奉仕価格商品

商品は送料無料・5年間無料メンテンナンス(特選ストア商品限定!)